2017年11月3日 授業内容 「側臥位(横向け)」

側臥位(横向け)の手法は覚えておくと、様々な場面で役に立ちます。

例えば

・妊婦の方(14週~40週)※「妊婦マッサージ」(日本の医道社)

・円背や亀背の高齢者

・病院で入院されている方

・ギックリ腰の方

・頸椎ヘルニア、腰椎ヘルニア(うつ伏せや仰向きになると痺れが強くなる)

・頚椎症

・閉所恐怖症

・化粧くずれが嫌な方

などはうつ伏せでの施術が困難です。

うつ伏せにならなくても、側臥位でトリガーポイントを押すことは可能です。

むしろ、C2や後頭骨周辺、板状筋、腰方形筋、内転筋などは側臥位の方がアプローチしやすいと思います。

伏臥位(うつ伏せ)、仰臥位(あおむけ)、側臥位(横向け)全ての角度から施術ができるようになることが理想です。

どんな状況でも施術ができるようになれば、それだけ仕事の幅が広がります。

ヨガマット一枚引っさげて、全国を旅しながら整体をする。そんなことも可能です。

11月3日の授業は側臥位を学びました。

11月10日は「骨盤矯正の限界」と「リンパドレナージュの可能性」についてお話ししたいと思います。

※学生の方はP278・P279に目を通しておいてください。

御影整体学院

神戸で整体師の資格を取るなら御影整体学院へ 厚生労働省認可(医政742号) 全国整体療法協同組合 リラクゼーション業協議会推薦校 セラピスト養成機構加盟校