2017年10月27日 授業内容「定義」

どんな痛みであろうと「痛い」としか表現できません。

まずは痛みを分析することが大切です。

「感覚的な要素」と「情動的な要素」

「急性痛」と「慢性痛」

私たちの仕事は「慢性痛」や「情動的な要素」に対して有効です。

とても深い部分まで勉強しました。

整体院とリラクゼーションの決定的な違いは「定義」することができるかどうかです。

なぜ痛むのか?

ちゃんと「定義」して、こうすれば痛みから解放されるということを説明し、患者さんが納得することが大切です。

患者の訴え(主訴)を無視して「定義」はできません。

ちゃんと「定義」できるようになるためには、しっかり勉強をしなければなりません。

いつか疾患について、みっちり授業をしたいと思っています。

手技は徒手検査法を勉強しました。

頸椎圧迫テスト→頸椎のヘルニアを検査する方法

SLRテスト→腰椎のヘルニアを検査する方法

10月27日の授業は主に慢性痛の考え方について学びました。

11月3日は側臥位での施術を学びます。

※学生の方はP37の図をみて、施術のイメージをしてみて下さい。

御影整体学院

神戸で整体師の資格を取るなら御影整体学院へ 厚生労働省認可(医政742号) 全国整体療法協同組合 リラクゼーション業協議会推薦校 セラピスト養成機構加盟校