秋の特別課外授業のお知らせ(オープンスクール)

流行っている整体院には必ず、その人の生き方・信念・哲学などが現れています。

整体の先生がどのような生き方をしているのか患者はよく見ています。

また、見ていなくても感じ取っています。

嫌々仕事をしている人の仕事は伝わります。

「あなたの整体には、何か祈りのようなものを感じる」

と言われた時、自分の生き方を認めてもらえたようで、震えるほど嬉しかったのを覚えています。

生まれた場所、生まれた環境は選ぶことができませんが、どのような生き方を選ぶのか、それは自由だと感じています。

人生は人と人の出会いで作られています。

その人がどんな出会い(出会い方)をしてきたか、それが生き方に現れます。

僕はゆっくり小学校の教員もしています。

この度、ゆっくり小学校の秋の特別授業に御影整体学院も参加させていただきます。

学生には良い出会いを重ねてもらいたいと思います。

11月5日(日)京都にサティシュ・クマールさんが来日します。

サティシュ・クマール

現代を代表するエコロジー思想家。「スモール・スクール」と「シューマッハー・カレッジ」の創設者。インド・ラージャスターン州生まれ。9歳でジャイナ教の修行僧になり、18歳の時、ガンディーの非暴力思想に共鳴し還俗。25歳の時、当時4つの核保有国の首都(モスクワ、ロンドン、パリ、ワシントンDC)に核廃絶のメッセージを届ける約13,000キロの平和巡礼を、無一文・徒歩で2年半かけて踏破。1973年より、E.F.シューマッハーの呼びかけに応じてイギリスに定住。環境、経済、科学、文化、アート、スピリチュアリティーの融合を提言する『リサージェンス&エコロジスト』誌の編集主幹となり、現在、名誉編集者。邦訳書に『君あり、故に我あり』(講談社学術文庫)、『もう殺さない―ブッダとテロリスト』(バジリコ社)、『スピリチュアル・コンパス 宇宙に融けこむエコ・ハートフルな生き方』(徳間書店)、『つながりを取りもどす時代へ―持続可能な社会をめざす環境思想 リサージェンス誌選集』(共著、大月書店)、『GNH―もうひとつの<豊かさ>へ、10人の提案』(共著、大月書店)、がある。DVD『サティシュ・クマールの今、ここにある未来 with 辻信一』(ゆっくり堂)に出演。スローシネマ『アジアの叡智』シリーズの総合アドバイザーを務めている。この5月に『人類はどこへいくのか ほんとうの転換のための三つのS〈土・魂・社会〉』(ぷねうま舎)が発刊された。

来日は昨年から聞いていて、楽しみにずっと待っていました。

サティシュさんとの出会いは僕に新しいモノの見方を与えてくれると感じています。

サティシュさんだけではなく、多くのゲストも参加されます。

僕が尊敬し、信頼する人たちも来られます。

ご興味のある方は直接申し込んで頂いても構いません。

また、僕にメール送って頂いても席を確保することができますので、お気軽にご連絡下さい。

info@mikagefeel.com

良い出会いをご一緒にできれば幸いです。

またとない機会ですので、ぜひ。

追伸:御影整体学院の学生でなくても参加できます。

御影整体学院

神戸で整体師の資格を取るなら御影整体学院へ 厚生労働省認可(医政742号) 全国整体療法協同組合 リラクゼーション業協議会推薦校 セラピスト養成機構加盟校